業者が行う白蟻駆除の方法を知ることで安心できます

駆除業者が行なう白蟻駆除の流れ

自分で駆除するよりも白蟻駆除業者に依頼することが良いと分かれば、次は業者が行う作業の流れをみていきましょう。

床下での駆除の場合

床下に潜る準備を行なう

まずは、床下に入るための準備を行います。この時に、床下収納庫や点検口があればそこから入って作業を行います。しかし、時には点検口などの入る場所がないこともあります。その際には、床板を切って入る場所を作ります。

床下の地面と木材に薬剤を散布する

白蟻の被害に遭っている場所に穴を開けて、薬剤を入れます。この作業は、白蟻の生態を知っている業者だからこそ確実に狙って薬剤を注入することが出来ます。白蟻がいる木材の中に薬剤を入れ終わったら、他の木材や地面にも薬剤をまきます。

床下以外の箇所にも薬剤を散布しないといけない

床下以外に、水回りの下も白蟻被害は多いです。浴室などは、床下からの作業が難しいため、浴槽の壁に穴を開けてから薬剤を入れることもあります。その後はきちんと穴を直してくれます。このような業者であれば床下以外でも適切な駆除をしてくれます。

2つの駆除方法

白蟻駆除には薬剤を散布するバリア工法と、ベイト工法があります。2つの特徴を知ったうえで駆除を依頼しましょう。

バリア工法とベイト工法のそれぞれの特徴

バリア工法
日本で多くみられる白蟻は、床下の土壌の中に巣を作ります。そのため、床下からの浸食が多くみられます。バリア工法は、このような地下に住んでいる白蟻が床下の木材までたどり着かないようにするために、土壌にまんべんなく薬剤をまく方法のことです。白蟻が床下に被害を加える前に行う作業で、施工する業者に技術力がないと効果にかけてしまいます。
ベイト工法
ベイト工法は、薬剤をまく方法ではないため、薬剤に抵抗がある人はベイト工法で白蟻駆除するといいでしょう。薬剤をまかずに、ベイト剤という白蟻を退治するものを置いておきます。そうすると、白蟻の習性からそのベイト剤を巣に持ち帰らせて全滅させます。効果が出るのは時間がかかりますが、薬剤をまかずに穴を開けることはないため安心して白蟻駆除することができます。

TOPボタン